SSブログ

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)のカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

能年玲奈・登坂広臣「ホットロード」あらすじとネタバレ、結末。実写化映画上映や原作漫画世界観の感想。紡木たく氏が実写化OKの理由。画像や動画、続編について語ります。

  • ホーム
  • »
  • 「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)

カテゴリ:「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)のカテゴリ記事一覧。能年玲奈・登坂広臣「ホットロード」あらすじとネタバレ、結末。実写化映画上映や原作漫画世界観の感想。紡木たく氏が実写化OKの理由。画像や動画、続編について語ります。

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
「ホットロード」作者の紡木たくさんは現在、 なにをされているんでしょうか? 今回はそんな疑問を記事にして見ました。 空前の映画「ホットロード」ブー..

記事を読む

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
ホットロード漫画をもう一度読み直すには無料ダウンロードできるサイトやサービスが便利でお得です。 ホットロード漫画ダウンロード版で読む方法は? 映画・実写..

記事を読む

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
コミック版『ホットロード』が無料で立読みが出来ます♪ なんと『ホットロード』漫画を無料で見られます 。 紡ぎたく先生の描いた『ホットロード』漫画..

記事を読む

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
ホットロード映画化された原作漫画のネタバレ・あらすじと結末   昨年夏、映画化され爆発的な人気を博した『ホットロード』は、1985年から2年間に..

記事を読む

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
なぜ、『ホットロード』(80年代の少女コミック)漫画を映画化したのか? 単なる暴走族漫画ではないことは『ホットロード』のあらすじとテーマを見れば一目瞭然。 コミ..

記事を読む

hotroad#4.jpgな..

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
なぜか?『ホットロード』漫画を無料で見られます(情報)なぜか?紡木たく先生の描いた『ホットロード』漫画(コミック)をネット上で、しかも無料で見られますが、ごぞん..

記事を読む

menu_icon#3.jpg ..

「ホットロード」原作(コミック・紡木たく)
いまさらなんですが、『ホットロード』映画化にあたっての、作者「紡木たく」さんのコメントを掲載させて頂きます。わたしは、この「紡木たく」さんのコメントが無ければ、..

記事を読む

ホットロード 紡木たくの現在

「ホットロード」作者の紡木たくさんは現在、
なにをされているんでしょうか?

今回はそんな疑問を記事にして見ました。

» 

ホットロード漫画を読むなら無料ダウンロード

ホットロード漫画をもう一度読み直すには無料ダウンロードできるサイトやサービスが便利でお得です。

ホットロード漫画ダウンロード版で読む方法は?

映画・実写化もされ、多くの方が映画を観た事と思います。

book#1_page#009

しかし、案外原作を読んでいない方が多いのにビックリしました。

そこで、「ホットロード」の原作を読んでみたいという方は沢山いらっしゃると思いますので、いくつかの方法があるのでご案内しますね。

» 

コミック ホットロード 無料 立読

コミック版『ホットロード』が無料で立読みが出来ます♪

なんと『ホットロード』漫画を無料で見られます 。

hotroad#4
紡ぎたく先生の描いた『ホットロード』漫画(コミック)をネット上で、しかも無料で見られます♪

» 

ホットロード 原作漫画 あらすじ

ホットロード映画化された原作漫画のネタバレ・あらすじと結末

 

昨年夏、映画化され爆発的な人気を博した『ホットロード』は、1985年から2年間に渡り”別冊マーガレット”で連載された原作漫画『ホットロード』が27年の時を超えて映画化された不朽の名作です。

あらためて原作漫画「ホットロード」のあらすじを振り返ってみました。

menu_icon#3

▼ホットロード 原作は?キャストは?

ホットロードは、紡木たくによる少女漫画で、全4巻で完結するヤンキー漫画(コミック)。

しかし、いわゆる暴走族漫画や、ヤンキー漫画として括ることの出来ない名作。
そこには、命の大切さや家族の大切さなどを、紡きたくさん(女性)独特の透明感のあるタッチで描かれており、涙なくしては見られない感動の漫画なのです。

そんな不朽の名作とも言われる「ホットロード」は昨年実写化(映画化)され2014年8月16日一斉ロードショウが行われました。

そして、週末興行成績ランキングで初登場2位、実写映画では第1位の快挙を達成!

映画は昨年12月に入るまで全国の映画館で上映されました。

そして今年2015年2月18日よりDVD&Blu-Rayが発売、レンタル開始されるやいなや、TSUTAYAレンタルDVD / ブルーレイランキングで『ホットロード』が2週連続で2位(3月9日)と、その人気の根強さを示しました。

映画の主演は2013年のNHK連続テレビ小説で爆発的な人気を博した「あまちゃん」のヒロイン能年玲奈さん。

インタビューなどでは天然でおっとりな能年さんが、どこにも居場所のないこころに影を持った少女を見事に演じました。

 

▼ホットロード 漫画あらすじ

主人公は中学2年生の宮市和希(みやいちかずき)という少女。

和希は2歳の時に父親をなくし、母親は妻子持ちで離婚調停中の彼氏と不倫交際中。

和希は愛情を知らずに育ち、居場所のない孤独を常に感じていました。

そして和希は友人の誘いで暴走族の集会についていき、春山と出会います。

ふたりの最初の出会は最悪でしたが、ある日春山から「オレの彼女になれ」と言われ、またある事件をきっかけに付き合うようになります。

次第に和希は春山のことを大切に思う様になります。

しかし春山は暴走族の総統に抜擢され、族をまとめる責任のある立場に。

春山が大切な存在になった和希は、春山に危険なことをしてほしくないと言い出します。

それは春山も同じで、自分と一緒にいると和希が危険な目に遭わせるのではないかと考え、和希との別れを決心するのでした。

春山の心を知らない和希は苦しみ悲しみにくれますが、それでも自分は春山についていこうと思うのでした。

 

▼ホットロード原作の結末は?

そんな時、春山はライバルの暴走族と抗争中、交通事故にあい危篤状態に陥ります。

病院へ駆けつけた和希は自分も死ぬと言い出します。

しかし、それを止めたのは和希が憎んでいるはずの母親でした。

そして、和希は母親の愛を感じるのでした。

春山は一命をとりとめましたが半身不随の状態になってしまいます。

和希は春山の事故をきっかけに族をやめて高校へも通い始め、献身的に春山を支え続けます。

そして家族の愛を知らなかった和希は「いつか春山の赤ちゃんのお母さんになりたい」と夢を持つのでした…。

 

まだこの物語を知らないアナタ

原作コミックかDVDでおさらいをしてみたくなりませんか?

↓↓↓↓↓↓↓

いななら動画をフルで無料視聴できます。

» 

『ホットロード』映画化された漫画が見られる訳とは?

なぜ、『ホットロード』(80年代の少女コミック)漫画を映画化したのか?

単なる暴走族漫画ではないことは『ホットロード』のあらすじとテーマを見れば一目瞭然。

コミックの画像を入れて、シナリオ風にまとめてみました。


▼どこにも行き場の無い、少年と少女の出逢い。

・主人公は14歳の少女、宮市和希

message1.jpg

父親を幼いころに亡くし、母と二人暮らしをしている。

きょうは ママの 誕生日

seen#00S2.jpg

母は学生のころに恋人だったという人と不倫をしていて、情緒不安定気味。

そんな母親に振り回される自分と、母親を疎ましく思っていた。



・不器用な16歳少年、春山洋志

message2.jpg

離婚した母親の元、再婚相手とその息子(弟)の中で

居場所を見つけられず自暴自棄な生活を送る。

バイクが唯一の趣味で、地元の暴走族”NIGHTS”で切り込み隊長をしている。

seen#003S.jpg

» 

なぜか?『ホットロード』漫画を無料で見られます(情報)

hotroad#4.jpg

なぜか?『ホットロード』漫画を無料で見られます(情報)

なぜか?紡木たく先生の描いた『ホットロード』漫画(コミック)をネット上で、しかも無料で見られますが、ごぞんじでしょうか?

そのサイトの情報を載せておきますので、是非”ホットロードの世界観”を、多少なりとも感じて下されば嬉しいです。

» ↓↓↓続きを読む↓↓↓

いまさらなぜ『ホットロード』映画化にあたって=紡木たくコメント=

menu_icon#3.jpg

いまさらなんですが、『ホットロード』映画化にあたっての、作者「紡木たく」さんのコメントを掲載させて頂きます。

わたしは、この「紡木たく」さんのコメントが無ければ、決して映画化を受け入れる気持ちにはなれなかったからです。

「紡木たく」さん、
『ホットロード』を心から愛するわたしの気持ちに免じて、どうかあなた様のコメントを掲載することをお許しください。




紡木たくコメント
『ホットロード』を大切にしてくださったみなさまへ
↓↓↓↓↓↓↓

» ↓↓↓続きを読む↓↓↓

スポンサーリンク
インフォメーション
テキストテキストテキストテキスト
インフォメーション
テキストテキストテキストテキスト
Copyright © 能年玲奈「ホットロード」映画と漫画の感想 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FX ツール

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。